第7回「一日一訓カレンダーフォトコンテスト」―ほとけの心― 結果発表

今年で第7回目を迎えた「一日一訓カレンダーフォトコンテスト」ですが、おかげさまで、今回も多くの作品が集まりました。

9月9日に審査会を開催し、優秀な作品の中から選りすぐりの32点(表紙を含む)を入選作品に決定しました。尚、入選作品を掲載したカレンダーは2021年6月の刊行を予定しています。

このカレンダーは、日めくりで仏典や各宗祖の言葉を、写真とともに味わっていただけます。約15万部が、国内寺院をはじめ海外にもひろく頒布されます。

一日一訓日めくりカレンダー 販売ページへ
第7回「一日一訓カレンダーフォトコンテスト」審査の様子

●審査員…石黒健治氏(写真家)、杉全泰氏(写真家)、丸林正則氏(写真家)、金子美智子氏(写真家)、楳村修治氏(写真家)

●賞金… 表紙採用10万円(1点)/入選作品5万円(31点)

  • 表紙
  • 1日
  • 2日
  • 3日
  • 4日
  • 5日
  • 6日
  • 7日
  • 8日
  • 9日
  • 10日
  • 11日
  • 12日
  • 13日
  • 14日
  • 15日
  • 16日
  • 17日
  • 18日
  • 19日
  • 20日
  • 21日
  • 22日
  • 23日
  • 24日
  • 25日
  • 26日
  • 27日
  • 28日
  • 29日
  • 30日
  • 31日

表紙 : 「持戒~よりよく生きる」

小林一郎
表紙 : 「持戒~よりよく生きる」

講評
雪がかかった富士山、川面に映る朝靄がまさに"霊峰富士"を感じさせる。

1日 : 現在の一瞬を強く生きよう

岩室 彬
1日 : 現在の一瞬を強く生きよう

講評
雪の中に咲く花にいのちの輝き、力強さを感じる。背景の雪が写真を引き立たせている。

2日 : 欲の薪が智慧の火となる

福田康幸
2日 : 欲の薪が智慧の火となる

講評
文言を直接的に表現している。一面の炎が美しく、エネルギーを感じる。

3日 : 卑下も自慢のうち

秦 保博
3日 : 卑下も自慢のうち

講評
枝垂れ桜と紅葉、春と秋の主役が入れ替わっている所が面白い。季節によって輝く花々を想像させる。

4日 : さとりへの機縁は どこにでも現れる

藤元麻未
4日 : さとりへの機縁は どこにでも現れる

講評
宇宙を表現したような不思議な写真。さとりへの難しさを表した神秘的な一枚。

5日 : 人々の利益のために 幸せのために

桒原達夫
5日 : 人々の利益のために 幸せのために

講評
統一された色彩がシンプルながら美しさを演出している。素直で素朴な一枚である。

6日 : はからいの心から離れる

高橋浩美
6日 : はからいの心から離れる

講評
四つ葉のクローバーをデザイン的に配置した点が良い。それぞれの葉が離れていく姿を想像させる。

7日 : 大海の一滴

板倉正行
7日 : 大海の一滴

講評
岩から滴る一滴が集まって海になったことを感じられる。スケールの壮大さも素晴らしい。

8日 : 一切の法は 皆これ仏法なり

菊池和夫
8日 : 一切の法は 皆これ仏法なり

講評
被写体である寺院・仏像・桜のアンバランスさを雪で繋ぐテクニックが素晴らしい。技ありの一枚。

9日 : 別離は避けられない

中嶋幸子
9日 : 別離は避けられない

講評
「別離の物語」を表現。次の日にはどうなるのだろうか…ということを思わせる。

10日 : 心を一方に置けば 九方は欠けるなり

岡田とみ江
10日 : 心を一方に置けば 九方は欠けるなり

講評
バラを珍しいアングルで撮影。構図が面白い。

11日 : 十人十色

森 尚美
11日 : 十人十色

講評
「模様になっていない模様」といえるランダムに配置されたおはじきが、まるで抽象画のようで美しい。

12日 : 道の楽しみをともにせよ

彦坂俊夫
12日 : 道の楽しみをともにせよ

講評
一面に広がる黄色の花に地蔵の前垂れと帽子の赤色がアクセントになっている。文言ともよく合う。

13日 : 花は根にかえり 真味は土にとどまる

吉田弘昭
13日 : 花は根にかえり 真味は土にとどまる

講評
地面に落ちた椿が土に還るというストーリーを想像させられる一枚。写真としても美しい。

14日 : 人は愛欲より憂を生ず

木下 滋
14日 : 人は愛欲より憂を生ず

講評
影絵のような演出が素晴らしい。指の間から除く光が幻想的で厳かである。

15日 : 災いは内からわく

槌谷正勝
15日 : 正しい目的のために努力せよ

講評
川岸に押し寄せる波紋がそのまま薄氷となったもの。やがては重みで内側から割れてしまう。文言を上手く表した絶妙な一枚。

16日 : 正しい目的のために努力せよ

長谷俊明
16日 : 仏の光明は 是れ 智慧の相なり

講評
不動明王の迦楼羅炎を紅葉で巧みに色をつけている。「この文言にこの一枚あり」と言えよう。

17日 : 仏の光明は 是れ 智慧の相なり

遠藤公一
17日 : 災いは内からわく

講評
立ち込めた雲から差す夕陽が仏の光明を連想させる。写真手前の波が夕陽を仰いでいるようである。

18日 : 心不浄なるときは仏を見ず

吉田弘昭
18日 : 自分のつとめに専念せよ

講評
一面グリーンの色彩の中に佇むピンクの蓮。「綺麗な花が咲こうとも、意識しなければ見れない」というメッセージ性が伺える。

19日 : 自分のつとめに専念せよ

高橋隆久
19日 : 善悪の二つは両輪の如し

講評
頑固なまでに仕事を勤め上げる実直な姿をイメージさせる。構図も良く、光の美しさにも目を惹かれる素晴らしい写真。

20日 : 善悪の二つは両輪の如し

坪井智洋
20日 : 沈思瞑想

講評
絶妙なタイミングで写した写真。光と影というシンプルさが写真にまとまりを持たせている。文言ともよく合う。

21日 : 沈思瞑想

吉野菊夫
21日 : 心不浄なるときは仏を見ず

講評
葉の中が暗くならず、且つローアングルでのショット。難しい被写体を上手に写している。難しい文言にこれぞ、という写真。

22日 : 事ごとに信あるべし

中本則昭
22日 : 事ごとに信あるべし

講評
絵画のような一枚。東山魁夷の絵画のような世界観が素晴らしい。一面の緑に一羽の鳥の白が映える。

23日 : 一切を捨離すべし

籭 邦博
23日 : 一切を捨離すべし

講評
すべての水が穴に吸い込まれる風景はまさに文言を的確に捉えている。

24日 : 月満つれば すなわち欠く

城田祥男
24日 : 月満つれば すなわち欠く

講評
欄干の無い橋と欠いた月が、日本のわびさびと情景を感じさせる。月を文言の「欠く」方に合わせたのが良い。

25日 : 仏の大悲は平等である

岩室 彬
25日 : 仏の大悲は平等である

講評
フレームワークが巧みである。雪が地蔵にかかり一直線に並んでいる姿が「平等」を感じさせる。穏やかな良い写真。

26日 : まるまると まるめ まるめよ わが心

篠田美香
26日 : まるまると まるめ まるめよ わが心

講評
梟の表情が◎。写真を見た人も「まるい心」になるような一枚。

27日 : 自己を護り 正しい念いをたもて

清川健司
27日 : 自己を護り 正しい念いをたもて

講評
アスファルトに咲く花が信念の強さを思わせる。可愛らしくも、強さが感じられる。背景に見える港も良い雰囲気。

28日 : もともと ものに差別はない

竹島僚汰朗
28日 : もともと ものに差別はない

講評
だるまがそれぞれ異なる方向を向き、表情も違うのが面白い。ユニークな写真である。

29日 : 理を攻めて言い勝つは 悪しきなり

仲川幸延
29日 :  理を攻めて言い勝つは 悪しきなり

講評
サワガニがケンカをする珍しい瞬間を逃さずに収めた一枚。ハサミが綺麗な弧を描いているのが良い。色合いも良い。

30日 : 深い川は静かに流れる

小島資治
30日 : 深い川は静かに流れる

講評
美しく壮大なスケールの写真。黄色がかった空の色が美しさを演出している。

31日 : 欲を離れて 安らかに生きよう

森川清美
31日 : 欲を離れて 安らかに生きよう

講評
安らぎを感じる色合い。灯台と夕陽という被写体が31日という月の終わりを表現している。


このページの先頭へ