週刊法話ステーション

2022年6月
環境

6月15日 本多真成

浄土真宗本願寺派恵光寺 住職

1979年生まれ。国際文化学博士(龍谷大学)。大阪経済法科大学国際学部客員教授。大阪府八尾市恵光寺住職。アメリカで幼少期を過ごす。僧侶で立ち上げた新電力会社TERAEnergy(株)の取締役もつとめる。専門は「仏教と環境」。


2022年6月
環境

6月8日 髙橋玄峰

臨済宗妙心寺派大安禅寺 副住職

1982年7月24日生まれ。平成17年京都大本山妙心寺専門道場に掛塔。 修行後、平成21年5月に大安禅寺副住職に就任。また更なる活動の場を広める為、平成22年4月同派滋賀北陸教区青年僧の会を発足、平成26年6月には本山妙心寺派布教師適任証を授かる。現在は、「仏教」や「禅」をもっと身近に感じてもらえるようにと、県内外問わず法話や坐禅、また様々なイベントを企画してそれらを通して青少年育成や地域活性化の為、日々精力的に布教活動を行っている。


2022年6月
環境

6月1日 遠田旭有

曹洞宗秀林寺 住職

1978年生まれ。山形県酒田市出身。高校生の時に吉川英治氏の『親鸞』を読んで、人に寄り添い生きる姿に憧れてお坊さんになりたいと思う。駒沢大学在学中にご縁があって山口県周南市真福寺で曹洞宗のお坊さんになる。2010年山形県鮭川村秀林寺住職を拝命。宗派は違っても、当初の志通りに人に寄り添うことを大切に日々奮闘中。「苦しい時でも振り返れば私がいる」と安心してもらえるように支えられたらと願っている。

自死・自殺に向き合う僧侶の会、KTSK(傾聴に取り組む宗教者の会)等にも所属し活動している。漫画家を志し挫折したが、曹洞宗の冊子の挿し絵や寺院関係からの依頼でイラストを描いている。


2022年5月

5月25日 河口智賢

曹洞宗耕雲院副住職/曹洞宗観音寺住職

1978年生まれ。山梨県都留市出身。曹洞宗耕雲院副住職/曹洞宗観音寺住職。曹洞宗大本山永平寺にて修行。全日本仏教青年会理事・全国曹洞宗青年会副会長を歴任。地元、山梨県都留市にある曹洞宗耕雲院を拠点に国内外で活動する禅僧。”柔軟心”なマインドで禅ZENと多様性をテーマに活動するほか、子ども食堂の運営やオンライン坐禅会、食事を通した禅の食べ方教室、ヨガと禅のコラボレーションイベントなども開催している。主演作品、映画『典座-TENZO-』(2019)が、第72回カンヌ国際映画祭(2019)批評家週間「特別招待部門」出品、マルセイユ国際映画祭観客賞、その他国際映画祭多数出品。映画発祥の地パリでの劇場公開に至る。

 

 

 

 

 

 

18:00~

 

▼▼ご視聴はこちらから▼▼

https://us06web.zoom.us/j/84104478611


2022年5月

5月18日 荻隆宣

浄土真宗本願寺派淨土寺 住職

1965年生まれ。龍谷大学大学院文学研究科修了後、広告代理店勤務。退職後山口県長門市淨土寺住職とグラフィックデザイナーを兼務。現在ながとチャイルドサポート協議会代表、山口県こどもの居場所・こども食堂ネットワーク副代表、本願寺派布教使。

 

■ながとルンルン食堂

Facebook

Twitter @lunlunshokudo

 


2022年5月

5月11日 西田稔光

曹洞宗明林寺 徒弟

1991年生まれ。栃木県足利市出身。現代社会に適し、なおかつ教えを損なわない布教教化のあり方を模索する中で、

仲間と共に「禅活-zenkatsu-」を結成。ワークショップや坐禅会の開催、ブログの執筆、YouTubeチャンネルを運営。

その他、自身の好きなヒップホップカルチャーを活かした活動なども行う。

禅活ちゃんねる

僧侶しんこうのヒップホップ仏教

 


2022年4月

4月27日 倉松宗道

真言宗智山派宝珠院 副住職

1985年生まれ。大正大学卒業後、成田山東京別院深川不動堂に入堂。現在は、栃木県日光市宝珠院副住職。社会福祉法人育心会役員。宝珠保育園園長。日光市社会教育委員会委員。日光市まち・ひと・しごと創生総合戦略推進協議会委員。日光の新しい働き方推進協議会委員。第11代(一社)日光青年会議所理事長。幸福度の高い社会を描くために、栃木県日光市で人財育成、幼児教育、健康経営の推進に取り組んでいる。

 


2022年4月

4月20日 若林唯人

浄土真宗本願寺派 僧侶

1982年生まれ。大阪市東淀川区 光照寺 副住職。京都大学大学院文学研究科社会学専修修了。行信教校卒業。2015年から2018年まで、「フリースタイルな僧侶たち」の2代目の代表を務めさせていただきました。2019年より、仏教が「はじめまして」の方のための、やさしい法話を聞くイベント「はじめまして仏教」を、有志の僧侶・仏教ファンとスタート。コロナ禍以降はイベントの開催は自粛し、ネットラジオの配信を開始。2021年から、僧侶がガイドする西本願寺の境内ツアー「お西さんを知ろう!」のメンバーに参加し月に2日担当。

フリースタイルな僧侶たち

はじめまして仏教

Twitter  

YouTube

Podcast

お西さんを知ろう!

 


2022年4月

4月13日 谷 晃仁

天台宗 永福寺住職、全日本仏教青年会直前理事長

1976年群馬生まれ。天台宗僧侶。1999年新潟大学工学部情報工学科卒業。その後比叡山の麓にある叡山学院に進む。

天台宗内の青年会役職を務め、2017年から天台仏教青年連盟代表と同時に全日本仏教青年会副理事長を務める。2019年から全日本仏教青年会理事長となり現在は直前理事長を務める。仏教青年会活動以外には天台宗内の人権啓発委員を現在まで13年務め、2013年に日本防災士機構認定の防災士資格を取得。2014年に発足した天台宗防災士協議会の役員を現在まで務める。

 


2022年4月

4月6日 中村建岳

臨済宗妙心寺派 永正寺 副住職

1971年生まれ。岐阜大学教育学部卒業。医療法人に就職し、医療事務、経理、総務などを担当。退職後、瑞泉僧堂にて修行、2009年永正寺副住職、現在に至る。4/8お釈迦様誕生日の国民的行事化、H1法話グランプリ出場(2019年)など、より幅広く仏教が親しまれるようにと取り組んでいる。

永正寺としては、葬儀改革を行うとともに次世代型のお墓などを創出している。お寺の場やネットワークをいかしたコンサート、ラジオ体操、マルシェ、教室、婚活など、お寺の機能向上を目指し活動中。

資格:高校・中学教員免許(理科)、産業カウンセラー