輝け!お寺の掲示板大賞2021 受賞作品発表!

輝け!お寺の掲示板大賞2021 受賞作品発表! 輝け!お寺の掲示板大賞2021 受賞作品発表! 輝け!お寺の掲示板大賞2021 受賞作品発表! 輝け!お寺の掲示板大賞2021 受賞作品発表!

仏教伝道協会大賞

仏の顔は何度でも

仏の顔は何度でも
受賞者林鶯山 憶西院 超覺寺@chokakuji
撮影寺院超覚寺(真宗大谷派・広島県広島市)

[講評]「仏の顔も三度まで」ということわざが世間に完全に定着していますが、仏様はその程度で腹を立てるような方ではありません。阿弥陀仏は無限の慈悲を備えていらっしゃいます。「仏の顔も三度まで」というより「仏の顔は何度でも」のほうが仏様の表現としては正確であることを知ってもらいたいということで今回大賞に選ばれました。

仏教伝道協会賞 中外日報賞 仏教タイムス賞
文化時報賞 彼岸寺賞 フリースタイルな僧侶たち賞
まいてら賞 お寺の窓口賞 寺子屋ブッダ賞
笑い飯哲夫賞

蓮

仏教伝道協会賞

置かれた場所で 咲けないときは
逃げてもいいよ 咲けるところへ

仏の顔は何度でも
受賞者
抹泥坊主@ガシンくん@muddyboze
撮影寺院
妙慶院(浄土宗・広島県広島市)

[講評]『置かれた場所で咲きなさい』という本が以前ベストセラーになりましたが、置かれた場所で結果が出ないことも当然あり、そのことで悩んでいる方々も現在大勢いるのではないかと思います。私たちはたとえどこに逃げても、仏様のお慈悲の中なのです。

本当のものがわからないと
本当でないものを
本当にする

受賞者
✨パードレ✨ @hiro5936
撮影寺院
万福寺(浄土真宗本願寺派・福岡県行橋市)

[講評]安田理深師のことば。安田師にとっての「本当のもの」とは「仏様の智慧」です。現在様々なフェイクニュースが溢れ、多くの人々がそれらに振り回されています。このような時代だからこそ、仏教の教えを通して物事を判断し、自分自身の姿を見つめることが大切ではないでしょうか。

届いてます!
南無阿弥陀仏の摂取券
予約は不要 心配も無用

受賞者
松崎智海(非売品僧侶)@『「鬼滅の刃」で学ぶ はじめての仏教』発売中@matsuzakichikai
撮影寺院
永明寺(浄土真宗本願寺派・福岡県北九州市)

[講評]新型コロナウイルスのワクチン接種予約がなかなかできずに焦る経験をした方が非常に多かったと思いますが、阿弥陀仏の救いにはその心配がありません。予約をしなくても救いはすでに届いているのです。

中外日報賞

私の中には仏がいる

仏の顔は何度でも
受賞者
新宿空手クラブ@219karate
撮影寺院
大秀寺(浄土宗・東京都葛飾区)

[講評]私の中には仏がいる。あなたの中にも仏がいる。みんなの中に仏がいる――仏教の要諦はここに尽きます。
(中外日報ホームページ https://www.chugainippoh.co.jp/

仏教タイムス賞

損得ばかりじゃ疲れちゃう。
たまには損でもいいじゃない。

仏の顔は何度でも
受賞者
仏教名言案内 原宿日蓮宗妙円寺@renkouzan
撮影寺院
妙円寺(日蓮宗・東京都渋谷区)

[講評]分断や格差が広がる現代社会の一因を見事に表現した言葉で、その対応策も提示。損得は人間の欲望を示すもの。そうした見方から少しでも離れることを教えてくれるのが仏教。これからは尊と徳から考えたい。
(仏教タイムスホームページ http://www.bukkyo-times.co.jp/

文化時報賞

菌を振りまかないはずのマスク越しに余計なことを言い
消毒したはずの手がいらんことをする

菌を振りまかないはずのマスク越しに余計なことを言い<br>
消毒したはずの手がいらんことをする
受賞者
淨覚寺@jokakuji
撮影寺院
淨覚寺(浄土真宗本願寺派・福岡県福岡市)

[講評]どんな「余計なこと」を言い、何の「いらんこと」をしてしまったんでしょうか…。人間の業はコロナ禍でも変わりませんね。来年の年賀状に使わせていただきます。
(文化時報ホームページ https://bunkajiho.co.jp/

彼岸寺賞

いがみ合う世界から
おがみ合う世界へ

仏の顔は何度でも
受賞者
よっき@yokki256
撮影寺院
栄真寺(真宗高田派・京都府伏見区)

[講評]金森顕宏師のことば。「いがむ」と「おがむ」。たった一文字で全く正反対の言葉になるんですよね。コロナ以降、分断がさらに加速しているようにも感じられますが、人と人とが互いに敬い合える社会を、まずは自らの身の上から実現していきたいものです。
(彼岸寺ホームページ https://higan.net/

フリースタイルな僧侶たち賞

一人じゃさみしい
二人はわずらわしい

仏の顔は何度でも
受賞者
✨パードレ✨ @hiro5936
撮影寺院
正行寺(真宗大谷派・大分県中津市)

[講評]寂しいは人間の欲求のスタートではないかと思う。寂しいから求め、手に入るも思うようにならず、煩わしい。仏教の全てが詰まった言葉。ただ、この言葉を見て連想するのは熟年離婚。一人で寂しい夫と二人が煩わしい妻(苦笑)。
(フリースタイルな僧侶たちホームページ https://freemonk.net/

まいてら賞

もっとも優しい言葉は
その人の名を呼ぶことである

仏の顔は何度でも
受賞者
まぜるてとて|関さんぽ@mazerutetote
撮影寺院
明淳寺(浄土真宗本願寺派・岐阜県関市)

[講評]オンラインが隆盛となり、名前を呼ばれることが少なくなったこの一年。リアルコミュニケーションが少なくなったことで失われたものの一つが、名前を呼ばれるということではないでしょうか。「名前を呼んでもらうこと」は、自分の尊厳を端的に表す象徴。仏教的には阿弥陀仏の名前を呼ぶことによってもたらされる優しさだと思いますが、身近な実生活においては「人の名を呼ぶこと」が、今求められ、誰にでもできる優しさのように思います。
(まいてらホームページ https://mytera.jp/

お寺の窓口賞

小さな継続
大きな実り

小さな継続<br>
大きな実り
受賞者
筒井章順@函館📸写真と弾き語り@tsutsu111111
撮影寺院
湯川寺(浄土宗・北海道函館市)

[講評]目先の結果を求めるよりも、後先のことを考えて行動することが人生にとって大事だと思います。因果因縁は小さなことをコツコツと行い、大きな結果につながる、それは人生において各々の生き方について説かれてると感じました。
(お寺の窓口ホームページ https://oteranavi.com/

寺子屋ブッダ賞

磨いても磨いても光らなかった
でも腕力はついた

仏の顔は何度でも
受賞者
光禪@鳳林寺@holyji
撮影寺院
鳳林寺(曹洞宗・静岡県静岡市)

[講評]「ありたい自分」の姿に振り回されるのではなく、自分をありのままに見つめることから希望を見つけだす。この姿勢で生きていきたいものです。人を育てる立場の人には、ぜひ胸にしまっておいてほしい名文です。
(寺子屋ブッダホームページ https://www.tera-buddha.net/

笑い飯哲夫賞

私の物差しで問うのではなく
私の物差しが問われる

仏の顔は何度でも
受賞者
新宿空手クラブ@219karate
撮影寺院
蓮光寺(真宗大谷派・東京都葛飾区)

[講評]僕自身が審査員を務めることが多くなったせいか、この言葉が心に刺さりました。
(仏教伝道協会 presents 笑い飯 哲夫のサタデー★ナイト仏教ホームページ https://www.fmosaka.net/_sites/16783385

このページの先頭へ

Copyright (c) 2022 Bukkyo Dendo Kyokai. All Rights Reserved