第6回「一日一訓カレンダーフォトコンテスト」―ほとけの心―

2021年用「一日一訓カレンダー」(2020年6月刊行)に掲載する写真を公募します。

今年で6回目となるフォトコンテストですが、前回の入選作品は、築地本願寺(東京)、平等院(京都)、瑞巌寺(宮城)の三会場で展示され、多くの方にご覧いただきました。

このカレンダーは日めくりとして仏教にちなんだ31の文言と写真により構成され、全国の寺院、海外を含め、毎年15万部以上を頒布し、好評を得ています。仏典のことばや各宗祖のことばを各人が味わい、写真として表現していく中で、自然と仏教に親しみや関心を持っていただければ幸いです。どなたでも応募可能ですので、是非ご参加ください。応募票はこちら

スケジュール

2019年1月 公募を開始
2019年8月31日 (必着)公募締め切り
2019年9月 審査会
2019年10月 入選報告
2019年11月 入選作品発表(当協会ホームページにて)
2020年6月 「2021年用カレンダー」を刊行予定
応募資格

どなたでもご参加いただけます。制限はございません。

応募規定

テーマ

◆2021年用『一日一訓カレンダー』の各文言にあう写真 ※カラー/単写真のみ/横位置
一人3点

◆表紙採用:テーマ「布施(ふせ)」※カラー/単写真のみ/縦位置
一人1点まで

題材

自然風景、動・植物や花等のネイチャーフォト、工芸品などの静物。抽象写真。
※人物は不可

応募方法

◇一人3点(表紙写真も応募する場合は4点)までご応募いただけます。3つの文言に対し1枚ずつ、1つの文言に対し3枚、どちらでも結構です。文言の解説はこちらより
※他のコンテストなどに応募中や応募予定である作品、または過去に入賞した作品は応募できません。
※応募した写真が別の文言で入選する場合もございますので、予めご了承ください。

◇キャビネサイズ(127mm×178mm/2L判に相当)にプリントしたものを、角7封筒等に入れ、宅配便または簡易書留にて当協会までお送りください。

◇データ(メール、CD-R等)では受け付けていません。必ずプリントしてください。

応募票PDFに必要事項を記入の上、作品裏に天地が判るようメンディングテープ等で貼付しご応募ください。

応募作品の返却

応募作品の返却は致しません。審査後、当協会の「個人情報管理規程」に沿って処分致します。

応募締切

2019年8月31日(金)必着

応募先

〒108-0014東京都港区芝4-3-14 公益財団法人 仏教伝道協会 フォトコンテスト係
電話03-3455-5851 平日10:00-17:30
※選考経過、審査等に関するお問い合わせにはお答えできません。

審査

当協会審査委員会にて選出。
審査員:石黒健治氏(写真家)・杉全泰氏(写真家)・丸林正則氏(写真家)・金子美智子氏(写真家)

審査員プロフィール

石黒健治 氏(写真家)審査委員長
桑沢デザイン研究所出身。1959年、写真協会新人奨励賞受賞。主な写真展に『不幸な若者たち』『ナチュラル』『琉球弧物語抄』『不思議の国』『HIROSHIMA1965』『アミタ』など。写真集は石黒健治作品集第1巻『広島HIROSHIMA NOW』第2巻『ナチュラルONENESS』第3巻『不思議の国』『HIROSHIMA1965』『青春1968』など。そのほか、小説『眠れ海』、ミステリードキュメント『サキエル氏のパスポート』を上梓。また映画『人間蒸発』(今村昌平監督)の撮影担当。『無力の王』(東映セントラル)を監督など、多方面で活躍。
現在、図書新聞に『写真愛』、他に『おいしい劇場』『視点・焦点・合点』などを連載中。

杉全泰 氏(写真家)
1945年福島県生まれ。成蹊大学卒業。写真家石黒健治に師事し75年独立。
人物写真、北欧やアジアの信仰に関する写真を新聞雑誌、単行本、写真展などに発表。長年にわたり、仏教伝道協会の行事を撮影。著書に『坐禅入門』、『北欧の聖美術:フィンランドの神の風光』、『白隠を歩く』、『海を歩いたブッダ:人・もの・遺跡にみる東南アジアの仏教風景』など。

丸林正則 氏(写真家)
1945年愛知県生まれ。高校生時代から写真に興味を持ち始める。明治大学卒業後7年間出版社に勤務。1975年フリーのカメラマンとして独立。以後「大自然の中の小さな詩情」をメインテーマに、花、植物、昆虫、風景などにカメラを向ける。作品は写真誌を中心に雑誌、図鑑、新聞、コマーシャルなどに発表。写真教室講師も多くアマチュアの指導にも積極的に務める。日本自然科学写真協会会員。

金子美智子 氏(写真家)
宮城県仙台市に生まれる。奥日光にて感動の1枚の写真に出会い写真活動に入る。
故秋山庄太郎氏に師事。その後写真事務所設立しフリーカメラマンとなる。現在、自然の色彩の美しさに魅せられ、全国各地を車中泊の旅をしながら、心を癒す四季折々の風景写真と鉄道のある風景写真を撮り続けている。自然風景を中心に企業カレンダー・書籍・雑誌などにて執筆・写真掲載。また、雑誌、鉄道会社のポスター、セミナー写真教室講師、テレビ出演などで活躍。富士フォトサロン・ペンタックスフォーラム・環境省にて写真展開催。著書・写真集に『For you~自然からの音色』『 Forever ~ 時空を越えて』『風景写真のルールブック』。日本写真家協会会員 /日本写真芸術学会会員。
賞金

表紙採用: 賞金10万円×1名
入選: 賞金5万円×31名

※入選報告は電話または郵送にてお知らせします。

入選発表

コンテストの結果は、当協会のホームページ(2019年11月)に掲載します。

入選作品について

◇入選作品は、原版(デジタルデータ)を提出していただきます。返却は致しませんので、コピーを保存してご提出ください。

◇入選作品の著作権は撮影者に、版権は当協会に帰属します。当協会は入選作品を無償で使用する権利を有します。

◇入選作品は主に以下の目的で使用します。当協会刊行の『一日一訓カレンダー』への掲載。新聞・雑誌広告、ポスターなどの印刷物、またホームページなどのwebコンテンツとしての二次利用など。尚、撮影者の氏名を表示する場合がございます。

注意事項

個人・法人が所有・管理、あるいは権利を保有する被写体が含まれる場合、その被写体の権利所有者に承諾をいただいてください。他人の著作権、肖像権等を侵害するような行為が行われた場合、それに関するトラブルの責任は一切負いかねます。また、そのような作品の入選が判明した場合は、入選を取り消しさせていただく場合がございます。また応募作品は応募者本人が撮影し、全ての著作権を有しているものに限ります。他人の名前を使用した場合は失格になります。
入選・落選を問わず、取得した個人情報については、カレンダーフォトコンテストの事業運営およびそれに関わる目的にのみ使用し、他の目的には使用致しません。公益財団法人仏教伝道協会の個人情報の取扱いに関する詳細については、当協会ホームページ「個人情報保護に関する基本方針」、「個人情報の利用目的」をご参照頂きますようお願い申し上げます。

カレンダー31文言の出典と意味

表紙布施(ふせ)

与えること。喜捨。恵むこと。金や品物を与えることばかりでなく、親切な行いも布施である。信者が僧に財物を施すことを財施、僧が信者のために法を説くことを法施という。

(中村元『広説佛教語大辞典』東京書籍,1975年,p1444)

1日:初心忘るべからず

【出典】ことわざ

能楽で、習い始めたころの芸や、その頃の未熟さ、また、修練の段階での最初の経験を忘れてはならないという戒め。転じて、何事でも、最初のころの謙虚に学ぼうとする真剣な気持ちを忘れてはならない。また、最初の決心を忘れてはならないの意。

(『故事・俗事ことわざ大辞典』1982年,小学館)

2日:笑いは人の薬

【出典】ことわざ

適当に笑うことは健康のためによいことをいう。

(『故事・俗事ことわざ大辞典』1982年,小学館)

3日:一切は心より転ず

【出典】『華厳経』

すべてのものは、心から起こると、仏は正しく知っている。だから、このように知る人は、真実の仏を見ることになる。

(「仏教聖典」p.99)

4日:身をつつしみ ことばをつつしみ 心をつつしむ

【出典】『法句経』

落ち着いて思慮ある人々は身をつつしみ、ことばをつつしみ、心をつつしむ。かれらはあらゆることに慎んでいる。かれらは不死の境地へおもむく。そこに達したならば、悩むことがない。

(中村元『ブッダの真理のことば 感興のことば』1978年,岩波文庫 p.185)

5日:流れを汲みて源を知る

【出典】『摩訶止観』

流れの水を汲み取ってその水源の様子を知る。末を見てその本を察知することのたとえ。

(『故事・俗事ことわざ大辞典』1982年,小学館)

6日:ひとり咲き ひとり散るのではない

【出典】『仏教聖典』

花は咲く縁が集まって咲き、葉は散る縁が集まって散る。ひとり咲き、ひとり散るのではない。縁によって咲き、縁によって散るのであるから、どんなものも、みなうつり変わる。ひとりで存在するものも、常にとどまるものもない。

(「仏教聖典」p.83)

7日:父母は天地の如し

【出典】『実語経』

父母というのは天地のように、いつも多くの恵みを与えてくれ、ありがたいものであること。

(信楽峻麿『新々みちしるべ─菩薩シリーズ─観世音菩薩「なさけ(慈悲)」』2007年,仏教伝道協会 p.135)

8日:自己こそ自分の主である

【出典】『法句経』

自己こそ自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか?自己をよくととのえたならば、得難き主を得る。

(中村元『ブッダの真理のことば 感興のことば』1978年、岩波文庫 p.32)

9日:人の和合を念じよう

【出典】『仏教聖典』

人びとはこの声を聞いて、みな仏を念じ、教えを思い、人の和合を念ずる。だれでもこの声の音楽を聞くものは、仏の声を聞く思いがし、仏への信心を新たにし、教えを聞く喜びを新たにして、あらゆる国の仏の教えを受ける者との友情を新たにする。

(「仏教聖典」p.221-223)

10日:千里の行も一歩より起こる

【出典】『老子』

千里もあるような遠い度も足下の第一歩から始まるということで、どんなに大きな仕事や目標も小さな所から始まるというたとえ。

(現代語研究会編『すぐに役立つ故事ことわざ辞典』1993年,あすとろ社 p.214)

11日:荒々しいことばを言うな

【出典】『法句経』

荒々しいことばを言うな。言われた人々は汝に言い返すであろう。怒りを含んだことばは苦痛である。報復が汝の身に至るであろう。

(中村元『ブッダの真理のことば 感興のことば』岩波文庫,1978年)

12日:もともと生もなければ滅もない

【出典】『仏教聖典』

もともと生もなければ滅もないのに、生死の区別を見、また、人間の行為それ自体には善もなければ悪もないのに、善悪の対立を見るのが、人びとの偏見である。

(「仏教聖典」p.105)

13日:衆生本来仏なり

【出典】『坐禅和讃』

私たちは本来仏なのである。水と氷の関係のようなもので、水がなければ氷ができないように、私たちの外に仏はない。

14日:過ちては改むるに憚ること勿れ

【出典】『論語』

あやまちがあれば、ぐずぐずせずに改めよ。

(金谷治『論語』1963年,岩波文庫)

15日:叱られた恩を忘れず墓参り

【出典】川柳

父母・先生・先輩、そして世間の人から、どれだけ多く叱られたか、およそ計り知ることはできない。そのときは腹が立ってくやしかったものだが、そのおかげで今日こうして暮らせるのであると思うと、叱られた恩は、今になると有難いご縁であった。

(「みちしるべ縁」仏教伝道協会刊行)

16日:朝に死に 夕に生るるならひ

【出典】『方丈記』

朝に死ぬかと思うと、夕方に生まれるというのが、人の世のならわしであって、それは、まったく、水の泡のようにはかないものだ。

(桑田忠親『日本名言辞典』199年,東京堂出版)

17日:愚かにして愚かさを知る

【出典】『法句経』

もしも愚者が自ら愚であると考えれば、すなわち賢者である。愚者でありながら、もしもみずから賢者だと思う者こそ、「愚者」だと言われる。

(中村元『ブッダの真理の言葉 感興のことば』岩波文庫,1978年. p.19)

18日:幸福はいくら分け与えても減らない

【出典】『仏教聖典』

人は利己的な心を捨てて、他人を助ける努力をすべきである。他人が施すのを見れば、その人はさらに別の人を幸せにし、幸福はそこから生まれる。一つのたいまつから何千人の人が火を取っても、そのたいまつはもとのとおりであるように、幸福はいくら分け与えても、減るということがない。

(「仏教聖典」p.261)

19日:縁起をみるものは法を見る

【出典】『中部経典』

縁起を見る者は真理を見る。真理を見る者は縁起を見る。

(及川真介・羽矢辰夫・平木光二『原始仏典第4巻 中部経典I』2013年,春秋社)

20日:日日是好日

【出典】『碧巌録』

その日その日が、すべてみなめでたいよい日である、の意。

(中村元『仏教語大辞典』1975年,東京書籍)

21日:大悲に触れて信ずる心が生まれる

【出典】『仏教聖典』

仏の大悲は人によって起こり、この大悲に触れて信ずる心が生まれ、信ずる心によってさとりが得られる。それは、子を愛することによって母であることを自覚し、母の心に触れて子の心が安らかとなるようなものである。

(「仏教聖典」p.29)

22日:我も わがものもない

【出典】『仏教聖典』

人は我があると思うから、わがものに執着する。しかし、もともと、我がないのであるから、わがもののあるはずがない。我とわがもののないことを知って、別のものではないという真理をさとるのである。

(「仏教聖典」p.121)

23日:礼をもって本とせよ

【出典】『十七条憲法』

礼儀(相手を敬う心)を物事の根本とせよ。

24日:時は得難くして失い易し

【出典】『史記』

好機はなかなかめぐって来ないし、たとえ来たとしても、油断していると、すぐに取り逃がしてしまう。また、時間というのは二度とめぐって来ないものだから、わずかな時間も大切にしなければならない、の意。

(『故事・俗字ことわざ大辞典』1982年,小学館 p.809)

25日:他人にとっても自己は愛しい

【出典】『相応部経典』

どの方向に心でさがし求めてみても、自分よりもさらに愛しいものをどこにも見出さなかった。そのように、他人にとってもそれぞれの自己が愛しいのである。それ故に、自分のために他人を害してはならない。

(中村元『ブッダの真理のことば 感興のことば』1978年,岩波文庫))

26日:信を離れたる行もなし

【出典】『親鸞聖人御消息』

信(本願を信じること)と行(名号を称えること)とが不離一体であることを示している。すなわち信心と念仏とは一体であることを言っているのである。

(奈良康明『仏教名言辞典』1989年,東京書籍 p.667)

27日:いま生命あるは有難し

【出典】『法句経』

人間の身を受けることは難しい。死すべき人々に寿命があるのも難しい。正しい教えを聞くのも難しい。もろもろのみ仏の出現したもうことも難しい。

(中村元『ブッダの真理の言葉 感興のことば』岩波文庫,1978年. p.36)

28日:土台のない三階はない

【出典】『仏教聖典』

愚かなものは、努め励むことを知らないで、ただ良い結果だけを求める。しかし、土台のない三階はあり得ないないように、努め励むことなくして、良い結果を得られるはずがない。

(「仏教聖典」p.279)

29日:不自由を常と思えば不足なし

【出典】ことわざ

十分でないのがあたりまえのことと思えば、とくに不満におもうことはない。

(『故事・俗字ことわざ大辞典』1982年,小学館 p.1011)

30日:生まれて死なない者はない

【出典】『仏教聖典』

世は無常であり、生まれて死なない者はいない。今わたしの身が朽ちた車のようにこわれるのも、この無常の道理を身をもって示すのである。

(「仏教聖典」p.25)

31日:執着を離れ無常をさとる

【出典】『仏教聖典』

種はまかれてから、納付の辛苦と、季節の変化を受けて芽が生じ、ようやく最後に実を結ぶ。さとりを得るのもそのように、戒と心の統一と智慧の三学を修めているうちに次第に煩悩が滅び、執着が離れ、ようやくさとりの時が来るのである。

(「仏教聖典」p.327)


このページの先頭へ