「仏教聖典」について

「仏教聖典」とは

お釈迦さまとして知られる仏教の開祖、ブッダ(仏陀=目覚めた人の意)が説いた真実の教えを集めた「お経」の中から、教えの大切な要素とたとえ話を選び、それらを日常のやさしいことばにかえて表現したものです。

お経とは

仏教とは、ブッダ(釈尊・お釈迦さま)一代45年間の説法をもととする宗教です。
ブッダは35歳のときにさとりを開かれ、インド各地を巡行しながら説法し、80歳で入滅(死去)されました。ブッダは人間の平等を強く主張され、誰もが等しく理解できるよう、それぞれの人に応じて教えを説かれたため、その教えの量は膨大なものとなりました。
「お経」というのは、ブッダがお亡くなりになった後、その言葉を記憶していた弟子たちが集まり、後の世に教えを正しく残すために書かれた仏教の聖典です。
これらの教えが古代インドの言葉であるパーリ語で伝えられ、スリランカをはじめ、タイやミャンマーなど東南アジアに広がっていった仏教を上座部仏教と言います。
一方、サンスクリット語をもとに各地の言語に翻訳され、中央アジア、チベット文化圏、中国、朝鮮を経て日本へと伝わった系統の仏教を大乗仏教と言います。三蔵法師(玄奘三蔵)の旅に代表されるように、インドから中国に伝えられたお経は、中国語(漢字)に翻訳され日本に伝わりました。

お経の現代語訳

仏教伝道協会では、『大般涅槃経』『梵網経』『維摩経』『転法輪経』『華厳経』『遺教経』『無量寿経』『法華経』など漢訳経典として日本に伝わった5千余巻の根本聖典だけでなく、スリランカやタイなどに伝わったパーリ語聖典からも、我々の現実生活に対して最も深いつながりをもった、親しみのある教えなど、特に重要なところを慎重な配慮のもと偏りなく抽出し、「仏教聖典」として誰もが手軽に読めいつでも心の糧にすることのできるよう、やさしくわかりやすい現代の言葉に翻訳・編集しました。

生活の指針に

また、どこからでも読めるようにブッダの生涯や、み教えだけでなく、私たちの生活と心の実際に触れる、生きた指針として、「人生」 「修養」「悩み」「日常生活」「家庭」「社会」などの分野にわたって生活索引を付しました。内容別に分類していますので、どのページからでも読むことができます。

「仏教聖典」読誦(どくじゅ)の手引き

開く

どなたにも読め、仏教の真髄を偏らずに伝えたいと願い、作成いたしましたのがこの聖典です。さらに願いますれば、単なる読み物としてでなく、読誦する聖典として、ご利用いただきたく存じます。ご家庭におきましては、ご仏壇またはそれに相当するものの前に正座します。心を静め、背すじを伸ばし、「仏教聖典」を両手で捧げます。どの頁からでもかまいませんが、区切りのよい頁数を、心をこめ、ゆっくりと、一音一拍(一文字一文字はっきり)で読誦するのが望ましい作法です。多人数の場合はご一緒に読誦します。他の人の声を聞きながらご自分の声をあわせていただきますと、全員の声がそろって美しいハーモニーが生まれます。「仏教聖典」を一日一度、読誦されますことをおすすめいたします。

閉じる

「仏教聖典」普及の目的と意義

人間の完成をめざす仏教

現代のような物質偏重、心不在の混迷なる社会において、今、いちばん求められているものは、一人ひとりのよりどころと平和なる社会 の実現ではないでしょうか。
平和な社会は人間の完成によって得られますが、人間の完成をめざす宗教に仏教があります。
ブッダは、苦から脱却し、苦を超える道を求め、ついに迷いの世界を転じて悟りの世界に至る教えを説かれました。
私たちがこの教えを学ぶとき、人生の真の意味を見いだすことになるでしょう。
そして、私たちが仏の教えを人生の究極の拠り所として仰ぐとき、思い通りにならない現実の人生そのままが、「生かされて生きている」慶びへと転じ、お蔭さまと一切のものを生かし切る、人間完成の道が開かれることでしょう。この聖典によって、生きたみ仏の教えを全世界の人びとに伝え争いと憎しみのない平和な社会の実現に少しでも役立ちたいと願っています。

一人でも多くの人に伝えたい

そのような願いから、日本と世界各国の主要ホテルの客室に常備することをはじめとして、あらゆる機会を通じて、その普及を心がけています。全世界への普及を志して以来、今日まで62ヵ国に890万冊以上を頒布いたしました。また、和英対照、英文、和文をはじめとする母国語で読んでいただくための各国語への翻訳は46言語に及んでいます。「仏教聖典」は今日もあらゆる国々で、人々の生きた指針となっています。
※点字に翻訳した『点字仏教聖典』や、日本手話に翻訳した『手話仏教聖典DVD』、『仏教聖典朗読CD(朝の部・夜の部)』も作製しています。
またiPhone/iPad及びアンドロイド端末に対応した『電子書籍版仏教聖典』も扱っております。

世界の平和を願って

この聖典が一冊でも多くの家庭に入り、一人でも多くの人々の手に渡り、すべての人がひとしく智慧の光に照らされる日が来ることを願ってやみません。聖典との出会いを通して、私たち一人ひとりがこの人生をより意味あるものとして自覚した時に、世界平和と人類平等の理想が実現するのではないでしょうか。


このページの先頭へ